機能・特徴から業種にマッチしたPOSレジ選び!POSレジ徹底比較

三角の画像

POSレジの導入を検討している方に

POSレジの導入を検討している方に向けたサイトがこちらの比較サイトです。POSレジと一言で言っても、様々なPOSレジがありこのレジを導入するのが良いのかわからずお困りの方が多くいます。そんな時は、こちらの比較サイトを活用すると簡単に各POSレジを比較することが出来ます。

こちらの比較サイトでは、各POSレジを様々な面からしっかりと比較しているため、POSレジ選びでお困りの方の強い味方です。また各POSレジの特徴等も誰が読んでもわかりやすく掲載されているため、非常に分かりやすいのが特徴です。

POSレジの導入は今や小売店の常識となりつつあります。そんなPOSレジ選びでお困りの際は、こちらの比較サイトを存分に活用し、ニーズに適した最適なPOSレジを選びましょう。そして今まで以上に効率的な管理を実現しましょう。

ポスタス

総合評価

顧客満足度

掲載情報量

使いやすさ

サービス性

 POINT 

  • 曜日別や時間別の売上データなどがわかる
  • 海外進出時にもそのまま使うことができる
  • シフト管理から会計的な売り上げ管理も可能

お店への来客数は、曜日によって、時間によって変わる場合があります。しかし具体的にどれくらい違うのかわからないこともあるでしょう。ポスタスの場合は、過去のデータからいろいろな売り上げ情報がわかるPOSレジになっています。

多店舗化をするときに海外に進出することもあります。通常は現地のシステムを導入しないといけませんが、ポスタスの場合は、多言語や多通貨に対応したPOSレジになっています。機材は現地でタブレットなどを調達して使えます。

店の運営をするとき、お金の管理、人の管理、物の管理などが必要です。それを店長が行いますが、細かく把握するのは難しいでしょう。ポスタスは、お金の管理をするだけでなく、人のシフト管理なども行うことができます。

公式サイトはこちら
三角の画像

Square

総合評価

顧客満足度

掲載情報量

使いやすさ

サービス性

 POINT 

  • 商品の表示方法も使い勝手よく自由に編集
  • 詳細はいつでもリアルタイムで変更可能
  • 屋内でも屋外でもどこでも利用できます

SquareのPOSレジは誰にでもかんたんに操作できるよう設計されています。商品やカテゴリーの作成も、商品の表示方法も使い勝手よく自由に編集できます。レシートは、Eメールまたはテキストメッセージで送信するか紙に印刷するかを選べます。

注文伝票を保留しておくと、お客様がお帰りの際に会計することができます。カードと現金や、複数人で別々で、など伝票を分割した支払いも可能です。また、商品の価格、名前、在庫数などの詳細はいつでもリアルタイムで変更可能です。

お客様がいるところであれば屋内でも屋外でも利用できます。SquareのモバイルPOSとカードリーダーがあれば、どこでもカード決済を受け付けることが可能となります。

公式サイトはこちら
三角の画像

スマレジ

総合評価

顧客満足度

掲載情報量

使いやすさ

サービス性

 POINT 

  • クラウドで提供されるので常に最新システム
  • 集計作業をしなくても自動的に合計される
  • 店舗を拡大した時にも使い続けられる

お店でレジシステムを導入するとき、その時に最新でもその後にどんどん機能が古くなることがあります。すると使いにくくなります。スマレジは、クラウドで提供されるPOSレジのシステムです。常に最新の状態で利用できます。

レジシステムを使って複数店舗の売り上げ管理をするとき、まず各店舗の数字を集めて、さらに集計をする作業が必要になります。スマレジのPOSレジシステムの場合は、クラウドで情報がカウントされるので、入力された時点で集計されます。

会計システム等は、規模に応じてシステムを更新しないといけない場合があり大変です。お店の運営でも、店舗が増えると更新作業が発生するかもしれません。スマレジの場合、規模が大きくなっても柔軟に対応できる仕組みになっています。

公式サイトはこちら
三角の画像

pos cube

総合評価

顧客満足度

掲載情報量

使いやすさ

サービス性

 POINT 

  • 飲食店専用なので飲食店での利用に最適
  • 多くの飲食店での導入実績がある
  • 記録をするだけでなく売上アップにつながる仕組み

お店の運営をするときには、料金の精算の仕組みが必要です。レジを用意することになりますが、機械が大きかったりコストがかかったりするでしょう。pos cubeは飲食店専用のPOSレジになっています。飲食店で使いやすいようになっています。

お店にレジシステムを入れた時、どうやって使っているのか、生かしているのかなどがわからないこともあるでしょう。pos cubeは、導入実績の多いPOSレジシステムになります。各お店の導入例などもわかるようになっています。

レジでは、精算を行ったり、経理的な売り上げの計算をするのに使います。通常は発生した情報の記録のみです。pos cubeでは、単に記録をするだけでなく、POSレジで集めた情報を分析して将来の売り上げにつなげられるようにしています。

公式サイトはこちら
三角の画像

エアレジ

総合評価

顧客満足度

掲載情報量

使いやすさ

サービス性

 POINT 

  • お店の運営や売上 アップを支えています
  • お店の運営や売上アップに役立ちます
  • 必要な周辺機器を用意しています

エアレジは、日本国内で一番選ばれているPOSレジアプリです。小売、飲食からサービス業まで、業種や規模を問わずさまざまなお店の運営や売上アップを支えています。またリアルタイムの売上、在庫確認と業務効率化が、新規出店を支えます。

エアレジは、基本のレジ機能から売上分析や顧客管理や在庫管理など、お店に役立つ機能がたくさん詰まっています。高性能なのに、シンプルで簡単です。よりよいお店づくりをサポートしてくれます。お店の運営や売上アップに役立ちます。

エアレジは、手持ちのiPadからメールアドレスやお店の情報を入力し、アカウントの登録をします。またキャッシュドロア、レシートプリンター、バーコードリーダーなどの必要な周辺機器を用意しています。

公式サイトはこちら
三角の画像

ポスコ

総合評価

顧客満足度

掲載情報量

使いやすさ

サービス性

 POINT 

  • 電子マネーなど複雑なレジ対応を単純化できるPOSシステムがある点
  • 様々な業界に特化した多様なPOSシステムサービスを提供できる点
  • 経営者の経営力を情報分析の力でサポートできる点

株式会社ポスコは主にコンピュータソフトウェア、ハードウェアに関する商品やサービスを取り扱っている会社です。特に、カスタマイズできるPOSシステムを売りとしています。POSシステムを使った一つの例がレジです。近年、電子マネーが普及していますが、レジでの対応に時間がかかるので、ミスなどが起こりやすいです。店舗のレジ対応を効率化できるPOSシステムを取り入れたレジがこの会社の強みです。

業界によって顧客の情報やデータの集め方は異なっています。株式会社ポスコではアパレル、カフェ、雑貨店、ホテルなど様々な業界に特化したPOSシステムがあります。業界や環境に合わせたPOSシステムを提供しているので、カスタマイズが可能な点が良いところです。

株式会社ポスコが開発したPOSシステムは仕入や売上、入金、棚卸、在庫、顧客管理などのデータ管理が可能です。資金繰りや在庫処分の適正な判断を企業は行えるので、経営効率を良くすることにもつながります。株式会社ポスコのホームページからカスタマイズ相談や資料請求ができるので、気軽に確認できます。

公式サイトはこちら
三角の画像

POSレジは業種に合わせた使い方ができる

レジは会計を伴う場所にさまざまな場所で見ることがでいますが、単純に会計機能だけでなくマーケティングのツールとしてさまざまな業種にPOSレジの活用がされています。飲食店とレジの関わりが大きく、混雑時には時間を掛けずに会計するだけでなく、POSレジにて商品の売上分析や在庫数などの管理面も行うことができます。使い方として今まで経営者や店舗責任者が台帳管理していた仕入や予約、売上や従業員のシフトなどもPOSレジにて一括管理をすることができるため、いままでルーティン作業につかっていた時間を短縮することができます。顧客情報の管理もPOSレジにて行うことができ、前回来店されたときの予約日時や内容などの情報を入力しておくと、常連客の接客の均一をスタッフ間に共通認識することができ好印象となります。

美容室では店舗のコンセプトや雰囲気に合うレジとしてタブレットPOSレジがおすすめです。美容室に来客する人の多くが常連であることが多く、美容室での使い方はPOSシステムの顧客管理機能がおすすめです。お客様がいつどんなサービスを利用したかを利用することができ、髪を切る頻度やコースなどお客様の好みを把握することができます。新規で来客するお客様の場合や担当が変更になっている場合にはどんなスタイルにするかをタブレットを使ってヘアカタログを見せたりとレジ機能だけでなく有効活用することができる使い方をすることができます。小売りの場合にはPOSシステムで商品の在庫や棚卸業務に利用することができます。特に単純作業ながら時間が掛かり人手が必要な棚卸はPOSシステムを導入するだけで効率がアップします。リアルタイムで在庫管理をすることができ、商品の流れを把握することができ発注も柔軟に行うことができます。複数店舗がある場合には他の店舗の在庫状況も把握することができるため自分の店舗にお客様が希望するサイズがなくても近隣店舗の在庫管理をお客様に伝えることができます。病院でのPOSレジの使い方は顧客管理機能がおすすめです。

年齢や体調、体質などのデータを利用者ごとに保管しておくことができ、診察したときのカウンセリングシートもタブレットで作成することができるため、事務担当の業務負担を軽減することができ人件費の削減もすることができます。電子カルテを採用しているとタブレットに随時記録がされていくためデータを転記する手間も省くことができます。データはクラウド上に保管することができ医師は病院外にいてもカルテを確認することができます。バーコードリーダーのシステムを一緒に活用することによって、受診券にバーコードを記載させて読み込むと受付時間を短縮することができます。予約システムを利用すると混雑の緩和をすることがえき、患者側も診察を待つストレスを減らすことができます。表示パネルと連携させるとより正確な混雑状況を待っている患者側にお知らせすることができます。POSレジは幅広い業種で活用することができ、業種に合わせた機能を利用することができます。

カテゴリー